image

(写真・神奈川新聞社)

 

鮮やかなブルーの船体と3本マストが特徴の帆船「みらいへ」(230トン)が2日、横浜港に寄港した。4、5日には横浜・みなとみらい21(MM21)地区のぷかりさん橋を発着する体験航海を企画している。

 

一般社団法人グローバル人材育成推進機構(神戸市)の旅客船兼練習船。体験航海は、乗組員と一緒にロープを引いて帆を張るセイルハンドリング体験など、帆船ならではの船内イベントを催すという。

 

両日とも1日3便、1時間半をかけて横浜港内を巡る。いずれの日も午後3時からの便に空きがあるという。同機構の担当者は「特別な装備は必要なく、誰でも気軽に帆船の魅力に触れることができる」と話している。参加費は大人2千円、小学生千円、幼児無料。予約・問い合わせは、同機構・電話078(381)7079。