image

(写真提供:ダイビングショップ代表/神奈川新聞社)

 

葉山町一色の芝崎海岸近くで、ウミガメが目撃された。アオウミガメとみられる。

 

19日午前9時ごろ、同町堀内のダイビングショップのスタッフ(24)が、海岸から数メートル、水深1メートルほどの場所で発見。スタッフは「体長1メートルほど。ぱっと現れ、30秒ほどで沖へ泳いでいった」と振り返る。同店の代表(42)は「葉山で10年ダイビングをしているが、遭遇したことはない。居着いてくれたらうれしい」と話す。

 

新江ノ島水族館によると、甲羅の色やシルエットなどからアオウミガメとみられる。「相模湾にも来て海藻を食べているが、目撃されるのは珍しい。気温の上昇で活動できる水温になっているのでは」と推測している。