image
(写真・神奈川新聞社)

 

湘南地域や川崎などで栽培されている生食用赤タマネギの「湘南レッド」が出荷期を迎えた。県内有数の産地・大磯町では29日、初出荷とともに成育具合や規格を確認する「目合わせ会」が行われ、丸々と張りのあるタマネギがお披露目された。

 

JA湘南露地野菜部会の大磯支部湘南レッド部(蓑島格造部会長)には農家13人が所属し、年間10トンを生産。横浜や小田原など県内6市場に出回るという。目合わせでは、外皮のむき具合や、切り口、軸の乾燥などを市場関係者らがチェックした。

 

1961年に開発された品種で、大磯の温暖な気候と砂の多い土壌が栽培に適しているという。蓑島部会長は「天候が良かったので仕上がりはいい。水通しして辛みを取り、サラダなどで食べてほしい」と話している。