image
(写真提供:相模原市/神奈川新聞社)

 

相模原市中央区上溝の道保川公園内で、毒性の強いキノコ「カエンタケ」が見つかり、ただちに除去された。市は来園者に「見つけても絶対に触らないように」と注意を呼び掛けている。

 

市公園課によると、25日午前10時ごろ、同公園を訪れた市民が自生していたカエンタケを発見し、市へ情報提供した。同課が園内を点検し、他の場所では見つからなかった。

 

カエンタケはボタンタケ目ボタンタケ科トリコデルマ属のキノコで、高さ10~13センチに成長する。全体が炎のように上に伸びている赤色が特徴。毒性が強く、触れるとかぶれることがあり、食べて死亡した例もあるという。

関連タグ: