image

(写真・神奈川新聞社)

 

川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、アルバイトの女性=当時(27)=が刺殺された事件で、宮前署特別捜査本部は10日、殺人の疑いで、別の通り魔事件で服役中の男(37)=殺人未遂罪で懲役10年=を逮捕した。女性とは面識がなかったとみられ、特捜本部は連続通り魔事件とみて動機などについて調べている。

 

逮捕容疑は、06年9月23日午前0時ごろ、同区梶ケ谷の梶ケ谷貨物ターミナル駅下のトンネルで、帰宅途中だった近くに住む女性の胸と腹を刃物で刺し殺害した、としている。死因は出血性ショックだった。捜査本部は、認否を明らかにしていない。

 

捜査関係者によると、同容疑者は昨年1月、宮前署に「事件について話したい」との趣旨のはがきを出し、県警の任意の聴取に関与を認めた。「女性から虐待を受けた経験があり、女性を刺したい衝動があった」などとも話したという。

 

説明が一貫しない点もあったが、同容疑者の話と遺体の状況が一致するなどしたため、逮捕に踏み切った。凶器とみられる刃物は見つかっていない。

 

当時同市高津区に住んでいた同容疑者は07年4月、女性の殺害現場から約1・5キロ離れた宮前区の路上で、通りすがりの女性(40)を刃物で刺して重傷を負わせたとして殺人未遂容疑で逮捕された。起訴内容を否認していたが、09年8月に懲役10年の判決が確定。栃木県内の刑務所に服役中だった。

 

特捜本部によると、同容疑者は取り調べには応じているという。