image
(写真提供:神奈川県/神奈川新聞社)

 

三浦半島の農畜水産品を使ったアイスクリームが21日から横須賀、三浦、葉山の3カ所で販売される。牛肉、カボチャ、サザエが素材の変わり種で、県が初めて商品化。31日までフェアを実施し、県は「好評であれば継続的に販売したい」としている。

 

「三浦半島魅力最大化プロジェクト」の一環で、県は昨年度開発に着手。これまで7種類の変わり種アイスの試作品を県内の食品会社に依頼して作り、試食会を重ねてきた。その中で評価の高かった3種類を商品化することとなった。

 

フェア期間中に販売されるのは、葉山牛、完熟させ甘みが特徴の「こだわりカボチャ」、三浦市・城ケ島で水揚げされたサザエを使ったミルクベースのアイス。横須賀市内と城ケ島内の直売所、葉山町内のレストランの3カ所で計600個限定販売する。

 

アイスは各350円(税込み)。問い合わせは、横須賀三浦地域県政総合センター・電話046(823)0210。

関連タグ: