image

(提供・神奈川新聞社)

 

川崎市出身の故坂本九さんが生前、最後にレコーディングした「心の瞳」が6日、CDシングル盤として発売される。三十三回忌に合わせた企画で、妻で女優の柏木由紀子さん(69)と長女の大島花子さん、次女の舞坂ゆき子さんがコーラスで参加。柏木さんは「家族4人の共演がかなった」と感慨深げだ。

 

「ゆっこ。僕たちのことを歌ったような曲だよ。ゆっこが聴いたらきっと泣いちゃうよ」

 

柏木さんはレコーディングを終えた坂本さんからそう伝えられたことを、きのうのことのように思い出すという。「いつかパパの伴奏をしたい」と練習をしていた長女が葬儀でピアノの弾き語りをして、坂本さんを天国へと送り出したという逸話も残る。

 

日航機墜落事故で亡くなる3カ月前の1985年5月にシングル「懐かしきlove-song」に初収録され、ファンに親しまれてきた。中学校の音楽の教科書に採用されてからは合唱曲としても知られ、柏木さんの元には「坂本九の人生、夫婦愛、家族愛を道徳の授業で扱っています」と記された手紙が教諭から届いたこともあったという。

 

3人は2006年のクリスマスから始めたファミリーコンサートで歌い継いできたが、節目の年に家族の絆を形にしたいとリリースを決めた。合唱バージョン、カラオケを含む計3曲入りで1200円。

 

7日に東京・銀座ヤマハホールで開かれるクリスマス公演で披露。同日には「上を向いて歩こう」など21曲入りのベストアルバム「ベスト~心の瞳」(2千円)も発売される。

関連タグ: