image
(写真・神奈川新聞社)

 

日本クルーズ客船(大阪市北区)の客船「ぱしふぃっくびいなす」(2万6,594トン)が10日、50日間の「悠久のオリエンタルクルーズ」に横浜港から出航した。初寄港のミャンマーなど東南アジア8カ国を訪れ、2月28日に横浜に帰港する。

 

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)の屋上では、紙テープが舞う中、大勢の人たちが見送りに訪れた。サックス奏者を中心に結成されたグループ「ディキシーセクステット」が明るく華やかなジャズを演奏して雰囲気を盛り上げた。

 

同船は今年4月に就航20周年を迎えることから、「S・M・I・L・E(スマイル)特典」としてシングル代金割引やメンバー割引、記念アイテムプレゼントなどの特別キャンペーンを展開する。