image

(写真・神奈川新聞)

 

新春の東京箱根間往復大学駅伝で4連覇を果たした青山学院大陸上競技部が28日、練習拠点の相模原キャンパス(相模原市中央区)周辺をパレードした。三木義一学長や原晋監督のほか、3区を走ったエース田村和希選手、8区の下田裕太選手ら優勝メンバーが参加。沿道に詰めかけた3万人(主催者発表)の市民やファンと喜びを分かち合った。

 

セレモニーでは5連覇を期待する声も相次ぎ、原監督は「全精力をつぎ込んでいきたい。ハーモニー大作戦に欠かせないのは相模原市民の熱きエールです」と宣言。吉永竜聖主将は「全員が力を合わせることができた。来年も後輩たちが頑張ってくれる」と伝統の継承を期待した。

 

選手たちは県道約320メートルを行進。沿道から「おめでとう」「頑張って」と声援を受けると、手を大きく広げて応じた。途中で寮母をしている原監督夫人の美穂さんと記念写真に納まるなどリラックスムードでいっぱいだった。

 

沿道の飲食店「そば遊彩 大松」のおかみ、井上美代子さんは「ことしは若い女性が多かった。常連さんは店舗2階で見てもらうなど、毎年楽しみにしています」と地元の盛り上がりを喜んでいた。

 

パレードは地元の住民団体「大野北地区まちづくり会議」と「にこにこ星ふちのべ商店会」が主催した。