image

(写真・神奈川新聞)

 

1万4200株の草花で春の訪れを演出する「FLOWER GARDEN2018」が3月31〜4月22日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場A(横浜市中区)で開催される。

 

開催12回目の今回は食べられる花「エディブルフラワー」を用いた特設カフェ「HANABAR」が初登場。見た目も華やかな同フラワーのフードやドリンクを販売し、会場内で飲食できる。

 

会場は庭園スタイルに花畑の要素を新たに加え、4つのテーマのガーデンで構成。自然環境に自生する野生の花、ワイルドフラワーでカラフルな花畑を再現した「ワイルドフラワーガーデン」、海や青い空と白い雲を連想させる花で構成された「スカイブルーガーデン」、ラベンダーやローズマリーなど香りを楽しめる「香りのガーデン」、葉物野菜を用いて食を意識した「ベジタブルガーデン」がお目見え。イベント最終日には、来場者に数量限定で草花を無料でプレゼント。