image

(写真・神奈川新聞)

 

海上自衛隊横須賀基地を訪れた安倍首相は、2015年に就役した海自最新鋭の掃海艇「はつしま」や、同基地所属の潜水艦に乗艦し、それぞれの能力を確認した。防衛省によると、安倍首相の同基地視察は第1次政権時代を含めて初めて。

 

掃海艇は海中の機雷を探知し、爆薬を使うなどして除去する掃海作業に当たり、海自の技術は世界でもトップレベルとされている。安倍首相は15年に施行された安全保障関連法の国会審議の過程で、集団的自衛権行使の一例として中東・ホルムズ海峡での機雷掃海を挙げており、訓練に励む隊員を激励する狙いがあるとみられる。

 

船体構造部材を繊維強化プラスチック(FRP)化して艦齢を延長した同艇の特徴について説明を受けた。潜水艦の視察は報道陣に非公開で行われ、取材対応の機会もなかった。