image

(写真 神奈川新聞)

 

「海の貴婦人」と呼ばれる練習帆船「海王丸」(2556トン)が12日、横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルから大勢の見送りを受けて出港した。

 

運航する独立行政法人海技教育機構(同区)によると、姉妹船の日本丸で起きたマスト転落事故の影響で出港が延期されていた。沖合で停泊し、ハワイなどへの遠洋航海に向かう。

 

女性9人を含む実習生106人が乗船。大さん橋の送迎デッキから長男(24)を見送った千葉県の女性は「何とか無事で過ごしてほしい」と祈るように話した。