image

(写真・神奈川新聞)

 

伊勢原市三ノ宮の建設会社「杉山土建」の庭の一般開放が20日、始まる。今年は開花が早く、カラフルなツツジ3千株とボタン千本が満開となっている。

 

創業者の故杉山茂さんが約40年前から植栽を始め、15年ほど前から無料で一般開放し、観光名所となっている。現在は長男の杉山進社長(54)が管理を受け継ぎ、育てている。

 

開放は30日まで。期間中は専用の有料駐車場を設けている(1台500円)。杉山社長は「今年は例年になく花がよく咲き、鮮やかだ」と話している。

 

問い合わせは、杉山土建電話0463(93)7300。