image
(写真・琉球新報社)

じゅうじゅうと焼ける肉に、スパイシーなカレーの香り、色鮮やかな果物入りのスイーツ・・・。8月20日、那覇市のかりゆしアーバンリゾート那覇横の広場に、大規模な屋台村が突如現れた。屋台村の正体は「OKINAWA FOOD FLEA(オキナワ・フード・フレア)」。いま注目を集めている「食の祭典」、まさに「食の野外フェス」だ。さまざまな料理が一度に楽しめる大人気イベントの「食レポ」と、主催者代表の石井雄一郎さんの思いを紹介します!

 

集まった店はおよそ30店舗で、タイ料理、タコス、オーガニックフードなどジャンルもさまざま。おいしいものに目がない筆者も、ずっと楽しみにしてきたイベントだ。「取材」と称して、おいしいものを探して場内を練り歩く。炭火で焼かれたバーベキューのお肉も捨てがたいし、さっきすれ違った子どもが持っていたフルーツ入りアイスキャンデーも気になる…。

 

ひとまず、一番人が並んでいた(ように見える)ピッツアを購入。お土産用に燻製されたチキンとてびちの炭火焼もゲットした。ピッツアはパリパリ&もちもちの生地に、とろりとしたモッツアレラチーズがよく合う!味付けはトマトソースとバジルのシンプルなものだけに、生地の美味しさが存分に味わえる。燻製されたチキンもジューシー、てびちもトロトロ・皮パリパリで絶品だった。

 

それにしても、全体的に普通のお祭りの屋台よりも少し価格設定が強気だ。それもそのはず、出店はボリューム満点のハンバーガーでおなじみの「キャプテンカンガルー」や、本格的ピッツアで知られる「バカール」などをはじめとする、県内屈指の人気店ばかりだ。各店とも素材や調理法にこだわり、自慢の一品を出している。提供される料理を食べれば、その価格にもうなずける。

 

友人数人で来たという島袋夏紀さん(28=沖縄市)は、生ビール片手に牛スジ煮込みをほおばりご満悦の様子。「ここに来れば新しいお店が発見できるのが楽しい」と、笑顔。玉城陽平さん(25=八重瀬町)は、本格派ハンバーガーの食べ歩きを目当てに来場したという。「県内の有名どころの店が集まるので楽しみにしていた」と話した。

 

「おいしい」と「楽しい」が融合する「OKINAWA FOOD FLEA(オキナワ・フード・フレア)」。次回開催はまだ未定だが、11月開催を目指しているそう。気になる人はフェイスブックページ(https://www.facebook.com/okinawafoodflea/)を要チェック!(仲本文子)

関連タグ: