image
(写真・琉球新報社)

 

沖縄県内各地の12飲食店のご当地バーガーが一堂に集まる「第4回沖縄バーガーフェスタinぎのざ2016」(主催・沖縄バーガープロジェクトチーム、共催・村観光協会、琉球新報社)が11日、宜野座村の農村公園で開催された。

 

審査員と来場者で決めたグランプリにはBONES(うるま市)の「阿麻和利(あまわり)」が輝いた。うるま市の食材を活用し「本気の町おこし」をテーマにした。同店は来年10月に鳥取県である「全国ご当地バーガーグランプリ」に県代表として出場する。

 

家族連れやカップルら約1万人(主催者発表)が訪れた。

 

BONESの山内秀一朗さん(28)は「全国で沖縄を1位にするため頑張りたい」と抱負を述べた。

 

審査委員長で全国ご当地バーガー連絡協議会の柄木孝志代表は「沖縄は明らかに質が高い」と評した。

関連タグ: