image

いとこに会って笑顔を見せる仲地リカルドさん(右)=26日午後、那覇空港国際線ターミナル(具志堅千恵子撮影)

沖縄県出身の父親を持つフィリピン残留日本人2世の仲地リカルドさん(83)と岸本ヤス子さん(80)が初めて来日し、26日午後、那覇空港に到着した。2人はそれぞれ今年3月と6月に日本国籍が認められた。

 

仲地さんは、いとこやいとこの息子など親族約20人の出迎えを受けた。花束を受け取り、抱き合って笑顔を見せ「皆さんに会うことができてうれしい」と語った。仲地さんの父親の平次郎さんは、本部町からフィリピンに渡り、追い込み漁に従事。しかし戦時中、ゲリラに襲われ、命を落とした。26日、対面したいとこらは「(リカルドさんが自分たちの)亡くなった父親によく似ている」と面影を見つけて涙を流した。

 

父親の引き揚げ者名簿などで国籍が認められた岸本さんは、まだ親族が見つかっていない。しかし「父の生まれ育った場所を訪れることで、父の存在を感じることができる」と喜びをかみしめた。岸本さんの父親の伊祐さんは名護市出身で、戦時中は日本軍と行動を共にした。終戦後、米軍の捕虜となって日本に強制送還され、神奈川県横須賀市に上陸後、死亡したとされる。

 

仲地さんと岸本さんは、フィリピン残留2世の国籍回復を支援する日本財団などの協力の下、日本国籍を取得。財団によると、2006年に事業を始めて以降、日本国籍を回復したのは202人で、このうち県出身者は45人だという。

関連タグ: