image

ウナギ養殖研究施設について説明する宇田悦子・伊藤沖縄奇跡の森研究所取締役(中央)、谷川茂利フードリボン・ウナギ完全養殖プロジェクト担当(左)、重田辰弥大宜味村・観光物産親善大使

 

【東京】沖縄県大宜味村でウナギの完全養殖の事業化を目指す新会社・伊藤沖縄奇跡の森研究所(伊藤周治社長、大宜味村)はこのほど、同村塩屋湾に面した場所に、ウナギの完全養殖の研究とサプリメント販売に取り組む研究所を来秋にも設置すると発表した。全国でも難しいとされるニホンウナギの完全養殖に挑むとともに、体脂肪減少効果があるとされるウナギの卵のサプリメントを販売する。

 

世界自然遺産候補地であり、長寿村とされる大宜味村から生産されたことをPR、ブランド化を図り村の名産品にすることを狙う。

 

困難とされてきたウナギの完全養殖について、同研究所は、従来の養殖研究では「2〜3カ月で卵が成熟してしまうことが壁だった」と指摘した。長年の試行錯誤の結果「長期間で卵を成熟させることに成功した」としている。

 

研究成果が完全養殖に結び付くかは、現時点では未知数の要素が残る。このため、当面はサプリメントを販売しながら、研究施設で研究を重ねるという。施設は国立公園「奇跡の森」に指定された地域に建設を予定する。用地は既に確保し、環境省から設置許可も得た。

 

卵のサプリメントについては「3千匹以上の巨大メスウナギを既に確保した」とし、元気で大きい卵は完全養殖の研究に使い、小さい卵はサプリメントに充てる。製品の製造・品質保証は三生医薬(静岡県)が受託する予定という。