image

一見、葉に見える珍しい緑色のユリ

 

【八重瀬】緑色の珍しいユリの花が沖縄県八重瀬町の諸見里真行さん(71)の自宅と農園で咲き、周囲を驚かせている。一見、花とは気付かない不思議なユリは、諸見里さんが6年前に自宅の庭で発見。株分けして増やし、大切にしている。花を愛し、40年以上庭造りを楽しむ諸見里さんは「専門家と緑色のユリについて話をしてみたい。これからも大事に育てたい」と話す。

 

幼い頃から花が好きで、46年前に庭造りを始めた諸見里さん。沖縄庭園をイメージした約500坪の敷地は、200種余の木々が生い茂り、季節ごとにさまざまな花や実を付ける。「庭園は小学生からの夢。いろんな木を植え、ウグイスやメジロが水を飲みに来るのが楽しい」と笑顔を見せる。

 

35年前、具志頭海岸の岩を庭に移した。6年前、その岩の穴から葉が伸びているのに気付いた。「しっかり見たらユリの花だった」。諸見里さんは見たことのない花に驚き、農林高校などで聞いて回ったが、詳細は分からなかった。

 

以来、球根を株分けして増やしている。3月末につぼみが付き、4月初旬から約1カ月、5~8センチほどの花が咲く。1株から5輪咲いたこともあるという。

 

ユリの写真を見た沖縄美ら島財団国営公園管理部植物管理チーム緑化相談所は「あまり見たことはないが、テッポウユリに何らかの突然変異が起こり、花びらが緑色になった『葉化』ではないか」と推測する。原因は断定できないという。

 

また、突然変異で咲いた花は自然淘汰(とうた)されて消えるが、諸見里さんのユリは6年間、毎年咲いている。「諸見里さんがきれいに育てているので系統が固定化して残り、毎年、花を咲かせているのだろう。今後も咲くのではないか」と期待した。

(豊浜由紀子)