image

心の病と向き合いながら創作を続ける画家の山川勇さん(右)と与那覇俊さん

 

心の病と向き合いながら創作を続ける画家の山川勇さん(53)=那覇市=と与那覇俊さん(39)=豊見城市=の共同作品展「二人展 個性が、ぶつかる!!」が23日、那覇市久茂地の沖縄銀行本店で始まった。5月11日まで。平日午前9時〜午後3時に展示されている。

 

山川さんは、小さな三角形を組み合わせて描く独自の画法を編み出し、昨年の那覇市障がい者美術展(市主催)では銀賞を受賞した。与那覇さんは、絵の中に言葉を刻み「新たな世界」をテーマに表現している。昨年、こころの芸術・文化フェスティバル(芸術・文化講座開催等事業運営実行委員会、県精神保健福祉会連合会主催)では最優秀賞を受賞した。

 

作品展には、カラフルな動植物や地球が描かれた10点が展示されている。「見る人の『あっ』という発見につながれば」と山川さん。与那覇さんは「作品中の言葉に注目してほしい」とそれぞれ来場を呼び掛けた。