image

スターオートの展示車は白で統一

 

沖縄に移住して2年目ですが、沖縄って白い車が多くないですか?(埼玉出身 ひろぽんさん)

 

おっと、今回は車ネタ。かくいう調査員も、大学生時代に初めて車を買うときに親から「白い車にしなさい」と言われて、白い車にしたっけ。

 

◇冠婚葬祭には白が無難

 

まずは、車が好きそうな県出身者に聞いてみることに。

 

快く取材に応じてくれたのは、ギタリストで太陽風オーケストラ在籍の伊集タツヤさん。「今まで約10台の車を購入してきましたが、いま乗っているのはダイハツの『ネイキッド』でモスグリーン」。

 

おや、白ではないですね。 「僕は、色はそんなにこだわっていないんです。ビビっと直感が来た車を選んでいます(笑)。いろんな色の車に乗ってきましたが、職業柄、楽器やアンプなど大きくて重い物をのせることが多いので、色より大きさを重視しています。軽を選んだのは、今回が初めて。沖縄は車社会なので、車で過ごす時間も長い。どうせなら、乗っていて楽しいものを選んだほうがいい」。なるほど納得!

 

次に調査員が向かったのは、沖縄トヨペット株式会社小禄サザン店。しかし……「本日定休日」との貼り紙。やってしまった、きょうは取材前日。冷や汗の赤面で帰る調査員なのでした。

 

気を取り直して翌日。出迎えてくれたのは、店長の上原之治さん。「調査員さん、沖縄だけでなく全国的にも白が6割くらいだと思います」。えっ? 沖縄だけではないのですか。「確かに、うちの店舗でも白は人気。年配客が白を選ぶ傾向があります。『暑いから』『冠婚葬祭で無難だから』という理由が多く、逆に若い人は、黒を選ぶ人が多くなっています」

 

上原さんによると、どの色の車に乗っても車内の暑さはほとんど変わらないそうですが、葬式に赤色の車で行くのは……という顧客の声があるとか。

 

「昔はカラーのバリエーションが少ないので、白か黒を選ぶ感じだったと思いますが、いまはどのメーカーも色んなカラーを出している。たくさんの色があったほうがお客さまも選びやすい。白というのは県民性というか、イメージなんじゃないでしょうか」

 

なるほど! 沖縄=白というイメージをみんな何となく持っていて、自然に白を多く買っているのかもしれないですね。

 

と、ここで若いお兄さんが登場。「いま当店で一番オススメする車は、何といっても『プリウス』! 白も売れていますが、全9色。燃費や乗り心地のほか、安全装備もデザインも良いんです」と、営業担当の知念尚幸さん。調査員の周りでもプリウスに乗っている人が多いんですよー。

 

◇根強い人気

 

そして最後に、突撃取材にも関わらず快く迎えてくれたのは、宜野湾市にあるダイハツ販売店「スターオート」の代表、久場卓也さん。こちらでは新車や中古車の販売のほか、車のレンタルや整備も行っているそう。

 

「ええっと、お客様の7割が白を購入されますね。レンタカーも白が8割。黒系は、暑いときはドアノブなどが熱くなるのが特徴でしょうか。ただ来客のほとんどが、カラーを悩まれています」

 

「年齢問わず白は人気なので、こちらも白を販売しやすいという背景があります。だから当店の展示も、白一色」

 

ハッキリとした統計的裏付けはないものの、いろいろなカラーが出ている中でも、やっぱり白は根強い人気を誇っているようですね。

 

常夏の沖縄にさわやかな白色の車で海へドライブ。やっぱり沖縄に白は似合う!?