image

どしゃぶりの雨の中、横断歩道を急ぎ足で渡る通勤者=21日午前8時25分、那覇市泉崎(花城太撮影)

 

待ちに待った雨ー。

 

8日の梅雨入り以降、ほとんど雨が降っていなかった沖縄県内は21日午前、久々に雨が降った。沖縄本島地方は13日以降、降水量ゼロミリの「空梅雨」が続いていた。

 

沖縄気象台によると、沖縄本島地方は午前7〜8時ごろから降り始めた。午前9時現在、1時間の最大雨量は名護で15ミリ、那覇で12ミリ、読谷で12・5ミリを観測。渡嘉敷島では30・5ミリの激しい雨が降った。

 

約1週間ぶりの「お湿り」。同気象台によると、雨は21日の午前中には上がる見込みで、今後も空梅雨は続きそうだ。【琉球新報電子版】

関連タグ: