2020年11月の開業を目指す「モータースポーツ多目的広場(仮)」のイメージ図(市提供)

 

【沖縄】沖縄市が計画を進める「沖縄サーキット場(仮)」の最有力候補地に、市倉敷の旧倉浜ごみ処理施設跡地が上がっている。このほど市がまとめた報告書「(仮)モータースポーツ多目的広場整備計画調査業務」の中で挙げられた3候補地のうち「最優先候補」として示された。市は本年度中に最終的に候補地を選定し、基本設計、実施設計業務を進める。

 

市議会6月定例会で可決された一般会計補正予算に設計業務委託費として約1億1158万円を計上している。市は2020年度に工事に着手し、同年11月の供用開始を目指す。

 

報告書では、騒音などの周辺環境条件や事業の実現性、整備コストの観点から「旧倉浜ごみ処理施設跡地」、市知花の「旧知花ゴルフレンジ」、市倉敷の「市霊園から南側に位置する米軍提供施設内」の3カ所を候補に挙げた。

 

旧倉浜ごみ処理施設跡地の敷地面積は約2万4千平方メートル。市有地であり必要な手続きが少ないことや、農業振興地域で平地であることなどから、最有力候補と位置付けている。

 

一方、旧知花ゴルフレンジ(約1万2千平方メートル)は造成された平地で整備のしやすさが評価されているが、私有地である点や周辺に商業施設、住宅がある点などを課題とする。市霊園南側の米軍提供施設内の候補地(約2万平方メートル)は、米軍施設内のため手続きに一定期間要するほか、増大な造成費用が予想されることなどを課題とする。

 

市の担当者は「本年度中に場所を決定し、地域住民への説明会や議会承認などを経て正式に決定したい」と説明している。

関連タグ: