来場を呼び掛ける県養鶏協会の安里歩さん(JAおきなわ、左)とOffice SHIMOJIの下地友香代表=6日、琉球新報社

 

8月9日の「エッグの日」に合わせ、沖縄県産の鶏卵を使った卵料理ナンバーワンを決める「第2回EGG1グランプリ」が10、11の両日、沖縄県那覇市泉崎の琉球新報1階エントランスで開催される。県産卵を使った10種類の卵料理が味わえる。当日販売する千円チケットでハーフサイズの卵料理3品を食べ比べ、1回投票できる。卵の即売もある。開催時間は午前11時~午後3時(11日は午後5時まで)。

 

今回のEGG1グランプリでは、オムライスやカレー、親子丼、キッシュなど10種類の卵料理がエントリーしている。

 

県養鶏協会(JAおきなわ畜産部)の安里歩さんとOffice SHIMOJIの下地友香代表は「さまざまな卵料理があり、イベント後も店で食べられる。多くの人に沖縄の卵を食べてほしい」と来場を呼び掛けた。9日は午後1時から名護十字路で卵300パックの無料配布が予定され、うるま市健康福祉センターうるみんでは午前11時からセレモニーと即売会がある。

関連タグ: