初のベストアルバムをリリースしたHY=北谷町内(ジャン松元撮影)

 

うるま市出身のバンド、HYのベストアルバム「STORY~HY BEST~」が22日、発売された。ファン投票などによって選ばれた全30曲を収録。「ホワイトビーチ」「AM11:00」「366日」などを再録した。バンド結成から18年の熟練されたメンバーの今の歌声とサウンドが入った。HYは「ファンと一緒に作り上げた最初のベストアルバム。18年間活動してきた自分たちの思いが詰まっているので手にとって聴いてほしい」と話している。

 

新里英之(ギター・ボーカル)、名嘉俊(ドラム)、許田信介(ベース)、仲宗根泉(キーボード・ボーカル)、宮里悠平(ギター)からなるHY。名嘉は「結成20年に向けてベストアルバムを制作し、勢いづけたかった」と語る。

 

収録曲の大部分が再録であることについて新里は「今の歌声と当時のフレッシュな声を聴き比べるのも楽しめる」と伝える。「『AM11:00』の歌詞の意味も、あの頃は若かったからあまり理解できずにいた。人生の経験を積み重ねていくうちに今では『AM11:00』の歌詞の世界観を、気持ちを込めて伝えることができる」

 

一方、サウンドは当時の音源に近づけようと努力した。許田は「ベースやギターは18年たつとアレンジを重ねて音を鳴らしている。当時の音に近づけようとしたが結構難しかった」と振り返る。宮里は「再録して思ったのは曲を出した当時の方がかえってベストな表現の音だったと気付かされた」と苦笑いを浮かべた。

 

投票ではファーストアルバム「Departure」に入っている「ホワイトビーチ」が1位だった。名嘉は「1位は大ヒットした『AM11:00』や『366日』かなと予想していたのでびっくりした」と驚きを隠せない。新里は「高校時代、思い出をラストに残そうと思って作ったのが『ホワイトビーチ』だったので1位と聞いて感動した」と笑顔で語る。「ライブの時には前か後ろに必ず入っている」と仲宗根は言う。「1回だけライブでセットリストから外したこともあったが、この曲がないとしっくりこなかった。HYの曲を聴いてくれる人みんながこの曲がないとHYじゃないって思ってくれていると思う」

 

9月22日から宜野湾市の宜野湾海浜公園屋外劇場を皮切りに全国47都道府県を巡る。名嘉は「それぞれの人生の岐路でHYの曲を流し聴いていたと思う。その頃の自分を振り返りながらみんなで共有するようなライブにしたい」と思いを込めた。(金城実倫)

 

    ◇    ◇

 

アルバム「STORY~HY BEST~」は通常盤税抜き3500円、DVD付きの初回限定盤は税抜き4500円。15曲入ったスペシャル・プライス盤は税抜き1800円。全国ツアー「HY STORY TOUR ~うさがみそーれ めんそーれ そーれそれそれ ゆくいみそーれ~」沖縄公演は午後5時開演。チケット6000円。

チケット発売は9月2日から。
問い合わせはピーエムエージェンシー(電話)098(898)1331。

 

(2018年8月28日 琉球新報掲載)

関連タグ: