開業した新那覇バスターミナルで、バスに乗り込む人たち=1日夕、那覇市泉崎

 

那覇の那覇の新しい玄関口、新那覇バスターミナル(沖縄県那覇市泉崎)が1日、開業した。通勤通学などでバスを利用する人だけでなく、生まれ変わったターミナルを見学しようと朝から多くの人が訪れ、にぎわいを見せた。新バスターミナルには停留所が11カ所あり、那覇バス、琉球バス交通、沖縄バス、東陽バスの65路線以上が乗り入れる。運営は第一交通産業の100%子会社「那覇バスターミナル」が担う。

 

ターミナルの運行案内板はデジタル表示で、英語、韓国語、中国語などの多言語にも対応。海外からの観光客にも安心してバスが利用できるよう工夫されている。エリアはバリアフリーで、施設内には空調完備の待合室やコンビニエンスストアも併設している。

 

頻繁にバスを利用するという宮里ミエ子さん(82)=那覇市=は早速、時刻表を入手するために訪問。宮里さんは「バリアフリーで利用しやすい。これから外出するのが楽しくなる」と笑顔を見せた。米国から観光で訪れているネーサン・ウォルスターさん(33)は「時刻表や目的地が英語で表示されているから迷わずバスに乗れる。施設も清潔で快適だ」と話した。新ターミナルはモノレール旭橋駅周辺の再開発で整備されたカフーナ旭橋A街区に入居。

関連タグ: