イメージ(写真と本文は直接関係ありません)

 

4日午前9時ごろ、沖縄県那覇市の安謝交差点で左折をするはずの路線バスが操作を誤り、中央分離帯に乗り上げた。バスを運行する那覇バス(那覇市)によると、運転手の男性が一時居眠り運転をしていた。乗客は数人乗っており、男性は客から声を掛けられて意識が明瞭になった。けが人の情報はない。同社によると、男性は4日午前6時台に那覇市内の始点を出発した。「一瞬寝たかもしれない」などと話している。

関連タグ: