首里城再建へ知事直轄組織を設置 職員3人に辞令交付 玉城知事「スピード感持って対応を」
辞令交付式後、記者団の取材に答える首里城復興戦略チームの知念武紀主幹(左)ら職員3人=18日午前、那覇市泉崎の県庁

 

沖縄県の玉城デニー知事は18日、火災で焼失した首里城再建に向けた知事直轄の組織「首里城復興戦略チーム」を知事公室内に設置した。同日午前、辞令交付式が県庁であり、文化観光スポーツ部、土木建築部、教育委員会の職員3人に、玉城知事から辞令が交付された。

 

玉城知事は「部局横断的にスピード感を持って対応するべく、県知事直轄で立ち上げたチームだ。このような業務に携われることに誇りを持って、一日も早い首里城の復旧復興に向けて、広く県内外の皆さまの理解を得ながら、取り組んでほしい」とあいさつした。

 

辞令交付を受けた知念武紀主幹は「プレッシャーもあるが、県民の皆さまの期待に添えるようスピード感を持って頑張っていきたい」と述べた。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー:
関連タグ: