運動場も体育館も使えない小学校…ほぼ運動場を使わないまま卒業する子も PTAが市に早期整備を陳情
城間幹子市長(右)に工事の早期完了などを求める陳情書を手渡す上間小学校の運天純次PTA会長(左)ら=27日、那覇市役所

 

那覇市立上間小学校の全面改築工事が入札の不調により、当初の予定から約1年半遅れている。工事に伴い2015年11月から運動場、18年9月から体育館が使えない状況が続いている。工事の遅れで、ほぼ運動場を使えないまま卒業する児童もいる。同小の運天純次PTA会長らは27日、工事の早期完了などを求めて市と市議会に陳情した。

 

市は現在進める体育館改築工事を早期に完了させるため、入札から随意契約に変更した。市議会11月定例会に工事契約の議案を提出する。

 

市は15年から校舎改築の入札を3回行ったが、応札する業者はなく4回目で落札された。校舎は18年6月に完成した。今年9月から2回行われた体育館改築工事の入札でも応札がなかったため、随意契約に切り替えた。現時点で体育館は21年2月、運動場は同年8月に完成する予定。

 

工事の間、児童は中庭や仮グラウンドなどを使っているが十分なスペースではない。陳情では中庭などのさらなる安全対策や、市民体育館使用料の減免なども求めた。城間幹子市長は随意契約に変更したことを運天会長らに説明し「工事の遅れは痛恨の極み。誠実に対応する」とした。

関連カテゴリー:
関連タグ: