横綱・白鵬、首里城で土俵入りか 13日予定、関係機関と調整
横綱・白鵬

 

10月31日に起きた首里城火災を受けて、大相撲の横綱・白鵬が14~15日にうるま市具志川ドームで行われる大相撲沖縄場所の前に、首里城の敷地内で土俵入りを行う計画があることが関係者の話で分かった。

 

関係者によると、現時点では白鵬の個人的な思いが発端としながらも、今後、日本相撲協会や実行委員会、関係機関などで調整をしていく可能性もあるという。実現すれば、冬巡業前日の13日に行われる予定。

 

白鵬は3日、山口県下関市であった冬巡業の場で首里城火災に関する思いなどを報道陣に語っていた。

関連カテゴリー:
関連タグ: