鮮やかな大漁旗で旧正月をお祝い 糸満、豊漁願う
海人の町・糸満市では漁船に色鮮やかな大漁旗を掲げて旧正月を祝った=25日、糸満漁港(大城直也撮影)

 

【糸満】旧正月の25日、海人(うみんちゅ)の町・糸満市の糸満漁港では、漁師らが1年間の豊漁を願い、漁船に色鮮やかな大漁旗を掲げた。汗ばむ陽気の下、カメラを手に多くの人が訪れた。白銀堂では市民らが初詣し、家族の健康を祈願した。

 

糸満漁港で大漁旗をバックに双子の心菜ちゃん(3)と颯真ちゃん(3)を撮影していた玉城美千代さん(32)=糸満市=は「糸満市(し)大里の出身だが大漁旗を初めて見た。立派ですごい。今日は天気も良くていい記念になった」と笑顔を見せた。

 

4人の子どもらと白銀堂を訪れた稲嶺あゆみさん(43)=糸満市=は「毎年、家族の健康を祈願しに来ている。新年も子どもたちがすくすく育ってほしい」と願った。長男の凛士さん(10)=糸満南小5年=は「野球がうまくなるようにお願いした。スタメンを目指します」と話した。

関連カテゴリー: