税金や保険料がスマホで納付できる! 那覇市で4月から 沖縄県内で初

 

那覇市は税金や保険料をスマートフォンのアプリを利用して納められる「スマホ収納」を4月から導入する。市によると県内で初めて。5日の定例記者会見で発表した。対象は市・県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料。利用方法は「LINE(ライン)ペイ」「ペイペイ」のいずれかのアプリをスマホにダウンロードし、納付書に印刷されたコンビニ納付用バーコードをスマホのカメラで読み取る。

 

城間幹子市長は「24時間365日いつでもどこでも納付でき、利便性が大いに向上すると期待している。ぜひ多くの方に活用いただきたい」と話した。

関連カテゴリー:
関連タグ: