感染者出た石垣市、来島自粛は否定「感染拡大阻止」
中山義隆市長

 

【石垣】石垣市の50代女性の新型コロナウイルス感染を受けて、中山義隆市長は8日夜、市役所で会見を開いた。女性の行動履歴や濃厚接触者について八重山保健所が調査中だとした上で、中山市長は「市としても早く確認、確定して感染拡大を阻止したい。市民の力を借りて日常を取り戻したい」と述べた。

 

市民への外出自粛や観光客の来島自粛については「(市内で発生した)これまでの4例とは状況が異なる。市中感染が拡大している状況ではない。現在は予定していない」とした。

 

女性が6月29日に鹿児島県から帰島した後の行動については「基本的には外出を控えていると聞いている」とした。

 

今後の感染拡大に危機感を示し、3密を避け、マスク着用や手洗いの徹底を呼び掛けた。9日から新型コロナ感染症相談外来での電話相談を再開するとした。

関連カテゴリー: