島の魅力、目を引く多色で大壁画に 多良間村「すまむぬたらま」でアルベルト城間さんら制作
壁画を完成させたアルベルト城間さん(左)ら=6月30日、多良間村塩川

 

【多良間】DIAMANTES(ディアマンテス)のボーカル、アルベルト城間さん(54)が多良間村で制作していた壁画が6月30日、完成した。村字塩川の観光拠点施設「すまむぬたらま」の壁(縦11メートル、横5メートル)に城間さんの感性で島の情景や形が色彩豊かに描かれている。

 

6月25日からディアマンテスのサポートメンバーでトロンボーン奏者の真栄里英樹さん(47)と共に6日間かけて制作した。「八月踊り」に使われている衣装の柄やスツウプナカに使われる角盃、紅型風のデザイン、子どもたちが楽しめるようにと魚や音符、ハートや鳥も所々に隠されている。

 

城間さんは「子どもたちが島のために新しいものを取り入れてほしい。将来を担う子どもたちへのエールとしての色を取り入れた。観光客には多良間的なもの、過去・未来を感じてもらえたらうれしい」と満足そうに話した。

 

多良間島滞在を振り返り「島の先輩たちは威張ることも飾ることもなく素晴らしかった。子どもたちは小さな島で不便さもあるかもしれないが逆に想像力が育てられる環境だ。これからも島を応援する」とエールを送った。
(清村めぐみ通信員)

関連カテゴリー: