第4話 台風に救われる

投稿日: 2010年05月04日 00:00 JST

第4話  台風に救われる

私は、昨年の9月22日、母の誕生日に、ささやかに新作の「此岸、彼岸」のクランク・インをしたつもりだった。しかし、撮影初日、母に「ボケた〜♪、ボケた〜♪」と自虐的に歌われ、娘としても監督としても、かなり複雑な心境に陥ってしまった。「ええ〜っ、しょっぱなから、こんなにスゴイの撮っちゃって、ど〜しよう。」という気持ちだったのである!

何と言ったらいいのか、撮影は、始まったばかりだというのに、自らハードルを高く設定してしまったようで、かなり憂鬱な気分になってしまったのだ。これは、全く想定外だった。撮影の私が、監督の私に文句を言う。「何でお母ちゃんの誕生日なんて仕掛けたのさ?これから何をどうやって撮っていくつもり?」「う、うん。今ナンにも撮りたくない気分なの?ま、仕方ないっか。」<二人の私>が、頭の中で会話している。それは、まるで母から自分の考えの甘さを突きつけられたようだった。母は、私にあたかも「私の映画を作りたいって?まだ10年早いよ!」と言っているんじゃないか。

image実は、私は、前にも一度、母にカメラを向けた事があった。私の第2作目「When Mrs. Hegarty Comes To Japan」で、である。これは、オーストラリアで私が<お母さん>と呼んでいたヘガティー夫人を横浜の実家に招待し、家族で歓待するという家族間の異文化交流を撮った映画だった。まあ、プロットとしては、その時すでに亡くなっていたへガティー夫人の夫ジャックは、ニューギニア戦線で日本軍と戦った人だったので、かつての敵国同士の交流、という伏線を敷いたのだが。

この映画を見て、アン・リー監督(ラスト、コーション、ブロークバック・マウンテン・グリーン・ディスティニー他)が、私には、「絶対コメディーの才能がある。」と太鼓判をくれたのだった。私にとっては、自分の「作風」やら「作家性」を初めて意識した画期的な作品となった。
しかし、当時生存していた父が、主役と言ってもいいくらいはしゃぎ、カメラを向ける度に、色々な笑えるパフォーマンスを繰り返す影で、母には、撮影を断固拒否されてしまった!実は、私には、母の気持ちが痛いほど、分かっていた。「なんで映画監督なんかになってしまったのか。」という私に対する大きな失望感からだ、と感じたからである。そもそも母は、私が、埼玉にある母校の大学に戻り教鞭をとることを固く信じて、私のオーストラリア行きを納得し、応援してくれていたのだから。私は、そんな母の期待をものの見事に裏切ったのだ。母に対する申し訳なさと自分の天職を見つけた喜びの狭間で、撮影中ずっと複雑な思いだった。

私にとって、今回の「此岸、彼岸」は、もう一度、母にキチンとカメラを向けて撮る、いわば、仕切り直しの撮影という気持ちでもあった。ああ、それなのに私は、すでに「母の誕生日」の撮影後、煮詰まってしまった!周囲の仲間たちも私の時期尚早の<黄色信号スランプ>を嗅ぎ取ったんだと思う。「監督、撮らないとダメっすよ〜」「ブログに書くのもいいけど、撮ってますか?」などと痛い指摘を受け、私は、益々頭を抱える、というテイタラク。そうこうしているうちに、9月が、終わってしまった。

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

 関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング