第10話 花よりダンゴ

投稿日: 2010年06月15日 00:00 JST

第10話 花よりダンゴ

 

母と暮らし始めて2ヶ月余、母の金欠状況が、引きこもりを増長させることに気が付いた。この段階で、私は、母がどのくらいの年金をもらっているのか、そして、どうしてこうも金欠になるのか、さっぱり分からなかった。

image

母は、お金がなくなると、とにかくふて腐れ、昼間は、ひたすら寝続け、自分の部屋に引きこもる。

私は、そんな母にコレといって打つ手もなく、ひたすら焦る。

帰国して以来、一つ気が付いたことは、母は、何をやるにも私と一緒にやることを極端に嫌がるということだった。<自分は、今まで誰の世話にならずに一人で生きてきた>という自負に支えられているからだ、とすぐに気が付いた。

夫(父)には、さっさと先立たれ、下の娘(妹)は、二階のアパートにいるのにめったに顔を出さず、私は私で、オーストラリアに行ったきりで、帰ってこない。そんな自分の家族に対する母の憤怒を感じた。

この段階で私は、横浜に<母と住むために帰ってきた>ことを何回も伝えているが、もはや母の脳裏には、刻み込まれず、むしろ私は、いずれまたいなくなる娘である、と思い込んでいるらしかった。

前作の「THEダイエット!」で私の帰国を熱望していると発言したのは、一体誰だったんだろう、と思うほど母の態度は、私に対してかたくなだった。これが、長いこと親不孝をしてきたツケなんだろうなあ、認知症の症状も、進んでいるのかなあ、と考え、かなり切なかった。

今週末まで待てば、桜は散ってしまう、という4月のある日、私は、意を決して、カメラを片手に母をお花見に誘った。桜を見ることで、母の心は、癒されるのではないか。そんな風に考えた、というより願ったからである。

例によって母は、外出を嫌がったが、私も負けずに説得を続けた。そんな私に母も花見に一緒に行くことをようやく同意してくれた。

はああ、ヨカッタ、と心底嬉しかった。

 

 

 ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

 [この記事を第1話から読む]

 関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング