第15話 新しい展開

投稿日: 2010年07月20日 00:00 JST

第15話 新しい展開

何から何まで全く分からず、手探りで母と暮らし始めて丸5ヶ月がたった。長かったような、短かったような無我夢中の5ヶ月だった、というのが、正直な感想 だ。

母の認知症の症状は、一刻一刻、悪くなっていっているような気がしてならない。益々繰り返しの話しが、多くなり、何よりも心配なのは、混乱が、ひどくなってきていることだった。

病院での脳のCTスキャンの結果、MRIを薦められた訳だから、今度は、母を脳神経外科に連れていかなければならない。

次なる目標は、母にMRIと長谷川方式のテストを受けさせ、きちんとした認知症の診断をしてもらう・・・そして、介護保険の認定を受ける。

ああ、「言うは、易し、行うは、難し」だなあ・・・

imageただ、ありがたかったのは、近所に介護の地域ケア・プラザが、2件もあり、脳神経外科もチャリ距離にあることだった。

助けを求めなければ、助けを得ることは出来ない。

早速、地域ケア・プラザに出向き、ケア・マネージャーの西迫さんに会い、母のことを相談すると、すぐ「お母様に会ってみましょう。」と言ってくださった。ケアマネは、信念と即行動する人なんだ、といたく感心させられた。

最近の私は、ずうずうしい。もちろん、カメラを回した。私にとってカメラが、ようやく自分の体の一部になりつつある。そんな風に感じられれようになった。

実は、心配事が、あった。母は、知らない人から訪問を受けることを極端に嫌がるのだ。
これは、昔からで、遂に私と妹は、母に承諾をもらって友だちを家に招いたことが、一度もなかった。

妹は、そんな母に反発したのだろうか。中高校時代は、母が米屋で働いていない時に限って、友人を招き、短大時代には、よくボーイフレンドを引っ張り込んだ。後でそのことを知った母の激怒は、当然ながらスゴかった。ボケた今でもその時のことを話すぐらいである。私は、と言うと、妹よりズルく、家を出た大学時代に、下宿先に友人たちを招くようにした。

母は、なぜそんなに人を家に招くことを毛嫌いするのだろうか。

何となく思うのは、母にとって家は、<領土>のようなものであり、誇りなのではないのか、ということだ。

image今住んでいる横浜の家は、45年以上も前に建てられた古い家だ。当時、母が、アルバムに新居の写真を貼付け<我が家の完成!>と踊った字で書いたことを鮮やかに思い出す。

今の母が、繰り返し言う言葉も「家と土地が自分のものなので、安心して老後を過ごすことが出来る。」なのである。

ともかく、そんな母の元へ、そんな家へ、ケア・マネージャーが、やって来る!

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

 [この記事を第1話から読む]

 関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング