第21話 何かがちょっと変な日常

投稿日: 2010年08月31日 00:00 JST

何かがちょっと変な日常

私のYouTubeの動画へのアクセス数を時々見るが、どの動画が、一番見られているかが一目瞭然で分かり、とても興味深い。この映像ブログの動画は、先にYouTubeでアップされものを貼付けている。
http://www.youtube.com/profile?user=nautilus325#g/u

imageYouTubeで1200件を超えるアクセスがあるのは、<認知症の母との生活:下痢編>だ。この結果に私は一人ニヤリ、とする。

私たち人間の好奇心は、こういうところにある、ということにとても共感するからだ。

他人の不幸は、蜜の味?うーん、これは、かなり極端な見方だが、あながち嘘でもないと思う。きっと動画のタイトルに<ある一線>を超えていることを感じて、人々は、見たいと思うのではないか。

我が師、原一男監督は、

撮っていいですよ、だなんて言われたレベルで撮っただけの映像なんてつまらない。

imageと言い切っているのである。人間は、恥ずかしいことだらけで、見せたくないと言われた部分をやはり見たいものなのだ。

違いは、それを正直に認めるかどうか、という点だけだと思う。

我が母は、初期のアルツハイマー病で、撮られていることを認識出来る時もあれば、出来ない時もある。

そんな母にカメラを向ける私の倫理観を疑問に思われる人もいるだろう。

「だからこそ私は、撮る」

というのが、正直な答えだ。

そんな娘であり、監督である私に対して、母は、本能という武器で正面からぶつかってくる。そして、往々にして、私が圧倒されることが、多いというのも正直なところだ。

本能で生きる人間の前に、思惑だらけの監督なんて木っ端微塵なのだ。これぞ、ザマ〜ミロ、ではないか!

だから、私は、撮ることを止めない。いや、止められない。

母が、昼寝をしている間も、冷蔵庫をゴソゴソと掃除し、仏壇に上がっている花が、枯れていることに気が付くのである・・・イヤ〜な娘であり、キチンと監督をしている私、なんである。

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング