第33話 母のこだわり

投稿日: 2010年11月23日 00:00 JST

第33話 母のこだわり

母には、とても強い<家に対する>執着心が、ある。

インタビューの中でも、私に対して「ここは、自分の家と土地なのだから、誰に気兼ねする事もない。」と言い切った位だ。
自分の家を持つこと — まさしくアメリカン・ドリームの体現のような感じだが、オーストラリアでも家を購入する事は、人生の一大事であり、夢の実現だ。

同じく、母にとっても人生の一大事だったんだと思う。

明治生まれの母の両親は、生涯自分の土地も家も持つことが、なかった。祖父母が、借地に住んでいた家は、米屋に嫁いで比較的裕福だった母と母の姉の二人が、建てたものだ。

質素だったけれど、小さな庭がついている平屋の家は、とても機能的で子供だった私は、祖父母が住んでいた堀ノ内に行くのが、大好きだった。

でも、母や伯母は、自分の親のようになりたくない、と考えたらしい。6人兄姉の中で、土地も家も(2階建て!)所有出来たのは、母と伯母の2人だけだった。

そう、家と土地は、2人の誇りであり、プライドなのだと思う。

一方、生まれながら一戸建ての家に住んできた私や妹には、母達のような家や土地に対する執着は、ない。

私は、オーストラリアでは、セミ(SEMI)と言われる1戸建てを半分ずつ共有する借家住まいをしたことがあるが、他は、すべて、アパート住まいだった。

利子の高いオーストラリアでホーム・ローンを組み、家を購入するほどオーストラリアに対して入れ込んでいなかったのか、と今になって思う。いや、そもそも私の映画監督としての収入では、ホーム・ローンなんて組めなかっただろう。

image母は、自分の家も建てられない、そんな私と妹をふがいなく思っているらしい。

他には、母の強い執着心は、ガム・テープに表れている。いつ頃から母は、ガム・テープに執心するようになったんだろう?

長年に渡って、オーストラリアにいる私に荷物を送る際、ガム・テープを使ってきたことからだろうか?

image家中が、ガム・テープで補強されている!!

最初は、かなり驚いたが、今では、私も慣れっこになり、むしろ、感心してしまう。

さらに、認知症の症状が、顕著になってから、母のご執心には、他のモノが、加わった・・・

 

 

2010.11.27 (土)更新予定!<動画32:アルツハイマー病の母のこだわり

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング