第39回 母の食いボケと脳の関係

投稿日: 2011年01月06日 00:00 JST

第39回 母の食いボケと脳の関係

<食は、命>は、死んだ父の言わば、専売特許だった。

私の前作「THEダイエット!」の中でも語られるが、父は、大学時代、横浜の米軍基地でアルバイトをし、アメリカ軍の食の豊かさに驚嘆したのだった。それに引き換え、当時の日本の食生活の貧しさ・・・戦う前にすでに<食>でアメリカに負けていた、というのが、父の持論だった。

父の食に対する憧れや執着は、アメリカ軍から始まった、と言っても過言ではないだろう。

一方、母は、と言うと、父とは対照的に<節制する人>だったと思う。私は、母が、食に対して執着するのを見た事がなかった・・・アルツハイマー病になるまでは!

imageアルツハイマー病の母は、驚くほど食べるようになった。そして、食べたことを忘れるようになった。

体(胃袋)は、お腹いっぱいでも、脳が、忘れているので、ドンドン食べ続け、その結果、消化不良を起こし、下痢するという悪循環を引き起こす。

きっと脳の満腹中枢が、アルツハイマー病によって機能しなくなっているんだろうな。

image「THEダイエット!」では、<食と心の関係>を考察したが、<食と脳の関係>もあったか〜、と今さらながらに気が付いている始末だ。

ただ、いたく感心するのは、母は、一時、食に執着しても、しばらくすると忘れ、自然に下痢も治まるのだ。

母にとっては、食べるという行為は、ガム・テープやプラスチックの容器と同じことなのかも知れないなあ。

 

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング