第43話 アルツハイマー病の母と孫たち

投稿日: 2011年02月01日 00:00 JST

第43話 アルツハイマー病の母と孫たち

この映像ブログで何回も書いてきたが、母は、アルツハイマー病発症以来、益々<我の世界>が、強くなり、そこから自分の気持ちや感情を発信してくるため、必然的にストレートな発言が、多い。

母には、もはや<まず考えてから発言をする>ということは、不可能なのだ。

また、例えそれを指摘したところで、母には、第3者の視点が、全く欠落しているため、不毛な結果に終わってしまう。

とまあ、大人になった娘であり、監督である私には、分析し、理解が、出来るが、子供達には、どうなんだろう?

image母には、孫が、4人いる。

妹の子供3人と私の子供1人だ。

高3の姪っ子、高1の甥っ子、それに小学校5年生の姪っ子と息子。

それぞれが、母とは、違う付き合い方をしているのが、面白い。

高3の姪っ子は、心優しい子で、時々、夜になって母屋にやって来る。母の繰り返す話しを辛抱強く聞き、そして、同じ質問に何回でも真摯に答えてくれる。

ただ、姪っ子にもしたたかなところが、あり、自分の母親(私の妹)と衝突した時に母屋に来ることが、多い。母は、妹の事をキライであると「口言」してはばからない事を知っているので、2人で妹の悪口の言い合いになり、姪っ子なりに溜飲を下げて帰って行くのだ!

甥っ子は、母のアルツハイマー病とは、全く向き合えず、その結果、交流は、ほとんどなくなってしまった。彼なりに思うところは、あるのだろうが、甥っ子のようなタイプは、例えば、自分の親がアルツハイマー病にでもなったら、全く受け入れられないんじゃないか、と思ってしまう。男に多いのかな?

息子と同じ11歳の姪っ子、こっちゃんが、一番、自然体だ。母のアルツハイマー病を受け入れ、しかし、時には、母の毒ある発言にも動ぜず、キチンと反駁する。私は、こっちゃんに感心させられる事が、多い。

imageさ〜て、いよいよ息子の番だ。

アルツハイマー病のオバアちゃんと、どのように生活を共有するのか。とても興味深い。

しかし、これって、母親目線ではなくて、やっぱり監督目線、なんだろうか・・・

 

2011.2.5 (土)更新予定!<動画42:息子が、オーストラリアからやって来た日・後編

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング