第44話 親子の相性

投稿日: 2011年02月08日 00:00 JST

第44話 親子の相性

11歳の息子には、すでに<理想の親子関係像>が、ある。これを聞かされたのは、シドニーにいる頃だから、少なくとも1〜2年前だと記憶している。

息子曰く、磁石のNとSの関係なのである!

へ〜え、上手いこと、言うなあ。

しかし、息子のたとえ話しを聞くと、ああ、やっぱり、小学生だったか、と思う。

「ホラ、お母さんの手が、温かい時って、必ず、ボクの手が、冷たいじゃん。で、ボクの手が、温かい時は、なぜか、いつもお母さんの手が、冷たい。」

つまり、親子の相性のことを言いたいらしい。私と息子は、補い合える関係、とでも言いたいのか。

確かに。

image息子は、私が、全身全霊で、理解できる人間だ。息子は、息子でそんな母親との関係を心地よく思っているらしい。

我ら親子の絆は、とても深い。だからたとえ離れていても、心は、バッチリ通じ合っている、という自信が、私にはある。

ちなみに息子は、父親とは、いつも同じ、自分の手が、冷たい時は、父親も冷たく、自分の手が、温かい時は、父親の手も温かいらしい。そして、そのことを父親は、とても喜んでいる、と教えてくれた。

「でもさ、それって、磁石で言うとNとNの関係だと思うんだよね〜。」

11歳は、11歳なりに考えているのである。

そんな風に考えてみれば、母と妹は、まさしくNとNの反発し合う関係であり、その事をお互いに認識しつつも、お互い乗り越えられずに、今日(こんにち)に至ってしまっている。

image私と母の関係は、どうだろうか。

NとNでもなく、かと言ってNとSの関係でもない・・・いや、なかった、と言った方が正しい。

なぜなら、アルツハイマー病発症後の母と私の関係は、限りなくNとSの関係に近づいていると思うからー。

ただ、本人の認識は、「私は、子供には、恵まれなかった。2人の子供に喰いものにされ続けた。」と言い切っていて、それもしかと撮影しましたよ〜^^;;

 

2011.2.12 (土)更新予定!<動画43:アルツハイマー病の母が、行かなかったピアノ・コンサート

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング