第48話 母とお風呂の関係

投稿日: 2011年03月08日 00:00 JST

第48話 母とお風呂の関係

アルツハイマー病の症状が出てから母は、極端にお風呂に入らなくなってしまった。

母の自主性に任せると、今のところ2ヶ月に1回ぐらいの割でしか、お風呂に入らない。

ただ、本人の意識では、昼間に3日おきぐらいに入っていると思っているらしく、ここら辺りは、とても興味深い。

2月28日にNHKの「あさイチ」で共演(?)させて頂いた国立長寿医療センターの認知症専門医、遠藤英俊先生は、著書<認知症•アルツハイマー病がよくわかる本:主婦の友社>の中で、こう書かれている。
                                                                ☟
入浴を嫌うのは、アルツハイマー病の人に多いようです。その背景には、次のようなことが、考えられます。入浴が<服を脱ぐ、湯につかる、からだを洗う、からだをふく、服を着る>とたくさんの動作が、必要なために、かなりの集中力が要求されること。・・・もう一つは、自分が汚れていることに無頓着になることです。

な〜るほど、と納得してしまう。

実は、母は、本当は、風呂嫌いなのでは、と私も妹も考えている。

昭和31年、父の所に嫁いで、即姑(父の母)と一緒に暮らし、母屋のすぐ向かい側には、伯母(父の姉)夫婦の家があった。伯母夫婦の家には、お風呂がなかったので、毎晩、母屋にお風呂をもらいに来ていたのである。そして、半年に1回船を降りて、母屋に滞在する叔父(父の弟)。嫁の母は、さぞかし、忙しかったことだろう。

亡くなった伯母の夫は、毎晩、夜遅くまで酒を呑み、お風呂をもらいにくるのが、かなり遅かったらしい。時には、あまりにも遅くなって、母自身が、お風呂に入れなかった夜でも、風呂掃除は、母の役目だった、と母は、今でも愚痴る。そして、叔父だけは、そんな母を気遣い、よく私(3~4歳)を連れ出し、近くの銭湯に一緒に行ってくれたので、とても助かった、と言う。

image要するに、母のお風呂に対する記憶は、あまりいいものではないのだ。

そんな母にアルツハイマー病の症状が、出て、たくさんの集中力が必要な入浴から益々遠ざかってしまったのは、仕方ないことなのかも知れない。

しかし・・・こうやってひも解くように考えると、今の母の有り様には、それなりの理由が、あるのではないか。

アルツハイマー病なんだから、と安易に一括りで考えては、いけない、とつくづく思うのである。

 

2011.3.12 (土)更新予定!<動画47:アルツハイマー病の母の久し振りの入浴と孫たち

ドキュメンタリー映画監督 関口祐加 最新作 『此岸、彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング