第2回 本場の中国美容鍼を体験!

投稿日: 2010年05月25日 00:00 JST


第2回 本場の中国美容鍼を体験!

 image

 

 

image

甲斐美也子さん(44歳)

近年、日本でもポピュラーになってきた「中国医学」。身体の内側から根本的に治そうとする中国医学は、香港の人々にとって身近な存在です。「肌をきめ細かくしたい」「ハリを取り戻したい」「シミを消したい」など、美容の悩みで訪れる人も多いとか。

 

今回は、ご主人の仕事の都合で香港在住の甲斐美也子さん(44歳)に、中国医学クリニックModern TCMで美容鍼を体験してもらいました。

 

「日ざしの強い香港にいると、気になるのはシミ。そしてやっぱり、たるみも気になります」と甲斐さん。

外国で治療を受けるのって「言葉が通じなかったらどうしよう?」「何をされるか分からない」と、ちょっとひるむものがありますよね。

甲斐さんも、以前から美容鍼に興味があったけれど、一般的な病院は広東語でやりとりをするので、これまで試す機会がなかったそうです。

今回、治療を受けた「Modern TCM」で診察してくれたのは日本人の松谷葉子先生日本語で診てもらえるので安心です。 病院の中は清潔で、香港人や日本人の患者さんがたくさん待っています。



image

松谷葉子先生

厦門大学医学院卒業、遼寧中医薬大学国際中医師。99年より香港「Modern TCM」で中医として勤務。旅行で訪れる患者さんには、日本で入手できる漢方の指南などもしてくれる。火・土の2日だけの勤務なので事前に予約を(ホームページにメールの予約フォームあり)

まず「体質」を見る

 

一般的に日本では中国医学の病院でも診察は問診が中心。けれど香港では「問診」のほか、脈をとる「脈診」と舌の色や状態を診る「舌診」で、患者さんの「体質」を診ます。「体質」というのは一定ではなく、健康状態によって変わるもの。「体質」により、同じ病気でも違う漢方薬が処方されることもあるし、違う病気でも同じ薬が処方されることもあるそう。この点は西洋的な現代医学とかなり違います。

 

体質を診る時の目安は――

「陰(体が動きづらく、冷えている)」のタイプか、「陽(活動的で、熱い)」のタイプか?

「虚(体力が無い)」のタイプか、「実(体力がある)」のタイプか?

「気(生命エネルギー)」「血(血液)」「水(体液)」の状態はどうか?

などを診て、判断します


 

 

image image

●舌の色や舌苔の量などをみる「舌診」。3人のお子さんがおられる甲斐さん。「自分が思っているよりも身体は疲れていますよ」と診断された

●脈のうちかたをみる「脈診」は経験がないと判断が難しいという

美肌になるためにはまず、内臓を健康にすることが重要、と松谷先生。甲斐さんの「ハリを取り戻したい」「シミを消したい」という悩みも「改善できますよ」とキッパリ。ただし前提として

煙草を吸わない

お酒はほどほどに

睡眠を十分にとる

といった生活態度が必要だそう。不健康な身体は漢方薬を飲んでも、薬効の9割はそのまま流れてしまうのです。「普段、身体をいじめていて、さらにおいしくない薬を飲むのでは、毎日、頑張っている身体が可愛そうですよ」と先生。逆に、身体をいたわろう、という意識をもつと、身体も喜んで、改善されるのも早いそうです。

 

 


腎臓の“元気の貯金”がリフトアップの鍵

 

中でも睡眠は“腎臓”のために、とても大切な部分。腎臓はアンチエイジングの要ともいえる部分なのです。身体全体をサポートしているところで、生殖機能とも関係が深いとされています。

疲れやすい、腰が悪い、尿の出が悪い、夜によくトイレに起きるなどは、腎臓が弱っている典型的なサイン。けれど日本人の患者さんは、腎臓が悪いと思っていないことが多いそう。

腎臓には“元気の貯金”という、誰もが生まれた時から持っているエネルギーが蓄えられています。体力的に無理をした時には、この“元気の貯金”から貯金を引き出し、サポートしているのです。

いつまでも若々しい人は、この“貯金”がある人。けれど無理を続けると、20代、30代前半で、無くなってしまう人も。もし無くなってしまっても大丈夫。治療すれば少しずつ、増やすことはできるそうです。

「夜の10時から12時までは、腎臓が疲れをとり、リフレッシュする時間。12時から深夜2時までが、次の日のエネルギーを蓄える時間。ですから美肌になりたいなら、夜の10時には寝ることをおすすめします」と先生。

肌のたるみは、皮膚の下の筋肉や細胞が弾力を失っているから。腎臓が健康であれば、胃腸をサポートし、胃腸の機能が上がれば、新しい筋肉が作られ、肌のハリは戻ってくるそうです。リフトアップしたい、という患者さんには、腎臓と胃腸の機能を良くする漢方薬を出すことが多いとか

甲斐さんは「睡眠不足。自分が思うよりも身体は疲れている。そして胃が動いていない、と言われました。体力には自信があったので、少し意外」といいます。

 


シミは肝臓が良くなれば薄くなる

 

そして甲斐さんが気になる、という肌のシミ。シミは、血液が汚れ、流れが悪いからできると、中国医学では考えます。血液をためている倉庫が肝臓です。

「顔は身体の先端にあるので、血流が悪くなりやすい部分。腎臓と肝臓の機能を高めることで、シミは薄くなっていきますよ」と松谷先生。

また肝臓は、情緒を司る部分でもあり、ストレスに弱いところシミをとりたい、と思っても、落ち込んだり、焦ったりすると、肝臓は動かなくなってしまうのだそうです。

「だから香港の女性みたいに、怒りや悲しみはパッと出して、パッと忘れる方が肌にはいい(笑)。“心の詰り”は“身体の詰り”。香港人は、感情を抑えて、お肌の調子を悪くしたらソン、と思っていますよ(笑)」。

こうした内臓機能の低下は、漢方薬を飲むことによって、改善されていきます。

 

image

参考までに、肌が乾燥している人、アトピーや肌疾患のある人は、肺の働きが弱まっていることが多いそうです。

 

 


いよいよ美容鍼を打ちます!

image

そして診断が終わった後、いよいよ鍼を打っていきます。美容鍼はシミ、しわ、顔のたるみやむくみなどに効果が期待できるそう。

鍼を打つことで、皮膚の下にある細胞やリンパ、毛細血管を直接刺激し、活性化させます。皮膚の新陳代謝が良くなることで、シミがなくなっていく、吹き出物が早く治る、などの効果に繋がるのです

通常は、顔に10本から20本の鍼を打ち、状態によっては全身に打つことも。顔の場合、基本的には顔の中心からシンメトリーに打ちます。シミには周囲に集中的に打つこともあります。

甲斐さんいわく「15分から20分くらい刺したまま。本当に細い鍼なので、痛みも、違和感もありませんでした」。

そして結果は「すぐに血行が良くなり、ホウレイ線も薄くなったと思います。松谷先生も他の先生方も、みなさん熱心で、分かりやすく話して下さったので、普段の生活習慣を見直すきっかけにもなりました」。

旅行で香港を訪れた人でも美容に関心が高い人なら、とても面白い経験になると思いますよ、と甲斐さん。そして、美肌のためにも、まずは身体から健康にするべく、漢方薬を処方してもらい、しばらく通院することに決めたそうです。

 

そして松谷先生は、美肌をつくるには、漢方薬や美容鍼よりもまず、身体と心に良い生活をすることが大切、といいます。

クコナツメ(皮膚が潤う)、アーモンドクルミゴマ(良質な油が摂れる。ただし油の取りすぎは血を汚すので適量を)を食べるのもおすすめだそう。

「身体が楽だと心も楽になりますし、心が楽なら身体も楽になる。それが美肌につながっていくんですよ」。

心美人”と”お肌美人”は同じ、というのが中国医学の考え方。そのためにも、自分の身体の状態を知り、“気楽”な気分で毎日を過ごすのが、美肌の近道。とはいえ、なかなかそうはいかないのが現代。漢方や美容鍼を上手に取りいれてゆっくりと、お肌美人を目指しましょ。

 

 

 


 

漢方に使われる生薬の数々。通常はこれらを数時間、煎じて飲む。処方される漢方は15種類から18種類ほどの薬材を合わせるそう。「Modern TCM」では煎じ薬だけでなく粉の薬も用意している

image

澤瀉

丹皮

熟地

生地

茯苓

大棗

百合

枸杞

淮山

苡米


病院で出される「四花健美安眠茶」。4種類のお花のお茶

 

image image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶の中身 ①素馨花 ②玫瑰 ③菊花 ④茉莉花

 


image

今回、美容鍼を打ったのは同病院の沈先生。施術後すぐに顔色が良くなるなどの効果を実感

①陽白:細胞を刺激し、筋肉をほぐし、しわの改善をする

②陽白:細胞を刺激し、筋肉をほぐし、しわの改善をする

③印堂:細胞を刺激し、筋肉をほぐし、しわの改善をする

④瞳子[骨翏]:細胞を刺激し、筋肉をほぐし、しわの改善をする

⑤四白:血流を良くしリフトアップ

⑥迎香:ホウレイ腺の溝を刺激し細胞を活性化する

⑦迎香:ホウレイ腺の溝を刺激し細胞を活性化する

⑧承漿:リフトアップ

⑨瞳子[骨翏]:細胞を刺激し、筋肉をほぐし、しわの改善をする

⑩四白:血流を良くしリフトアップ


image

松谷先生おすすめ。香港のスーパーで手に入る、お肌に良い食品

①緑豆粉皮(緑豆を使った板状の春雨。サラダなどに便利)

②燕麥核桃糊(クルミの粉、ピーナツの粉とオーツ麦、砂糖入り。お湯で溶いてすぐに飲める)

③黒五珍(黒モチ米、黒豆など5つの黒い穀物と蓮の実、南瓜の種、漢方薬にも使われる乾燥した山芋、ハトムギなど15種類の穀物等が入っている。お湯で溶いて朝食などに)

④金銭龜膏(缶詰の亀ゼリー)

⑤即溶芝麻糊(お湯を注ぐだけで食べられるゴマ汁粉)

⑥雪蛤膏(雪蛤膏のレトルトパック。蓮の実、白キクラゲも入っている)


【データ】

Modern TCM(新華中醫診所)

image

 

住所 Room612, Melbourne Plaza, 33 Queen’s Road Central, Hong Kong. 香港中環皇后大道中33號萬邦行611-612室電話852-3107-9811 FAX852-3107-9877 診療時間 :月~金10:00~13:00、 14:00~19:00 土10:00~13:00 、14:00~18:00 初診料HK$150 美容鍼HK$350 薬(1回分)HK$80  HP:www.moderntcm.com.hk

撮影/久米美由紀
文/野村麻里

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

10カ月ぶり日本活動UP10TIONが思う「言ってほしい韓国語」2018.01.16

韓国の10人組ボーイズグループ・UP10TIONが1月24日(水)に日本2ndシングル『WILD LOVE』をリリース!グループ名には、“音楽とパフォーマンスで大衆のテンションを上げ、音楽界のトップに...


ランキング