吉井雅己(27)

投稿日: 2007年12月04日 00:00 JST

0621_2アパレル関係。80年1月6日生まれ、名古屋出身。身長183cm、体重64㎏。趣味はギター。約1年前に上京するまでは地元・名古屋でサラリーマン&音楽活動をしていた。現在は代官山のセレクトショップ『Mrcurius(メルキュリウス)』で洋服の販売員をしている。
問い合わせは03-5459-5858まで

 1年前に名古屋から上京するまでは、会社員だったというのがウソのような彼、個性派色男の〝マサキン〟こと吉井雅己クン(27)です。名古屋時代は仲間とヘビメタルバンド組み、ボーカル兼ベースの彼は日々シャウトしていたそうでして(笑)。だんぜん今のルックスのほうがメタルファッションに近いですよね。
 現在は、ロスからのインポートものを売る代官山のショップ『Mrcurius(メルキュリウス)』で働いているマサキンの目標がこれ。
「ゆくゆくは店舗展開やオリジナルブランドも考えていますし、今はレディースだけなので将来的にはやっぱメンズもやりたいと思っています」
0622_2 さて、こんなオシャレ&ハード系の雅己クンがラマンを知り駆けつけてくれたのは知人の紹介とのことですが、会話が進むうちに、意外な理由があることがわかったのです。
「僕は自分の体にすごいコンプレックスを持っているんですよ。細いこともそう、手足の形もヤダし、この顔がここに乗っていること自体がイヤ。でも、自分の好きじゃない部分なんだけど、他人が見たらどうなんだろうと思うこともあって。自分でもそれを確かめたくて(今日ラマンの撮影に)来たのだと思う。コンプレックスを撮られて、逆に自分の自信になったらいいですね」
0623_2 自分の見せ方に自己主張がある人ほど謙虚なのかしら…などと考えてしまいますが、マサキン本人いわく、「でっかい体をして肝っ玉が小さい」そうで、撮影でパンツを脱ぐことも「めちゃくちゃ抵抗がある」と心配していました。
0624 でも、じっさい撮影が始まってみると、カメラマンのトビタさんとの相性はバッチリで、今回のこだわりアイテムであるタバコを吸う姿もとってもSEXYだったのですよ、これが! ふだんファッション誌で撮られているトビタさんだからこそ、モデルばりの風貌をした雅己クンをよりいっそう雰囲気ある男に仕上げてくれました。撮影後の彼の感想はこんな様子です。
「カメラマンさんが、なんか柔らかくてポワーンとした雰囲気で。まるで毛布の部屋にいるような、フワフワと宙に浮いている感じでした。付き合っちゃおうかなあ。女性を好きになるときの直感がピンときましたよ(笑)。楽しかったですね。最高でした」
 最後に「サイコーです!!」のピースポーズをカメラにくれたマネキン、コンプレックスなんて吹っ飛んじゃったよね!

0625 0626 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング