潤(27)

投稿日: 2008年01月02日 00:00 JST

0831会社員。80年10月2日生まれ、大阪府出身。A型。身長180㎝、体重72㎏。趣味はダーツ。

「目がこけしさんなんですよぉ」と本人はけっこう気にしているようですが、その下がった目尻がカワイイという女性も多いと思います。ご覧の好青年の名前は潤クン(27)は、ラマンに出てくれた男性陣の中では少数派の会社員です。パーティーのサポートやら「いろいろやっている」とのこと。ふだんは「年齢より上に見られる」そうですが、いかがでしょう? 会話をしてみると、けっこう子供っぽい? というのが彼の印象でした。
0832 とにかく、撮影中に銃を持たされると、銃を舐めるふりをするわ、自分のピストルに近づけて喜ぶわ(うふっ)、潤クンほど銃に関心をしめしたモデルはいません。
「この場はバカになったほうがいいのか、表情はどうしたら良いか、と頭をぐるぐる回転させていた」そうで。潤クンがこの撮影に対して、とっても好意的に、積極的に臨んでくれたことは十分伝わってきます。
 ですが、女性関係についての話題をふると、とたんに歯切れが悪いのがこの人。
「彼女は、いるといえばいますけど…。何年? …まあ、そういうプライベートなことはおいおいね…」と、はぐらかすことに必死。そして、好みの女性についての彼の説明、これがまた、わかりにくいのなんの。
「鈴木亜美がニャーニャーといってくるのは、うるさいネコだなって感じで嫌なんですけど、杉本彩がニャーニャーとくるのは良いんですよ。ふだんクールだけど、たまに笑うとカワイイ、みたいな? うまい具合にミックスされて、スパイスが利いてるような…」
 もう少し具体的には?
「ちょっとだけイタズラそうな目をしていると惹かれる。ロリ系や妹系は本気で虐めたくなるし、あと、ファッションモデルのように痩せて鶏ガラみたいな体つきも抱きしめたときにポキッといきそうだからダメ。太股の間があくのはダメで、くっついているくらいの肉付きで…」
 このへんで潤クンは決して好みがうるさいわけではないことを付け加えて、撮影の話題へと移らせていただきます。
0833 彼の撮影でほかのモデルになかった新しい試みとして、西村さんが撮影中にこっそりポラロイドでも彼を撮影していました。スタッフはまったく気づかなかったのですが、屋上に上ってみると、そこには潤クンの写真がいっぱい貼ってありまして、彼にとっては、たくさんの自分とともに撮られるというシチュエーションを楽しめたわけです。
 パンツの脱ぎっぷりは? それはもう、とても潔く。「ラマンですよ、脱がなくてどうするんですか!」と声高に叫んだ潤クン。80人を過ぎ、だんだんと企画の意図がぼんやりとしてきていたスタッフたちに、ガツンとゲキを飛ばしてくれた彼に感謝です。

083a 083b

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング