刃山 修(33)

投稿日: 2008年01月10日 00:00 JST

0891ホスト。新宿歌舞伎町のクラブ『El-Liston(エルリストン)』の顧問。79年2月15日生まれ、大阪府出身。A型。身長172㎝、体重55㎏。趣味は人間観察、ジムでトレーニングすること。お店の詳しい情報はこちらから→http://www.el-liston.jp/top.html、もしくは、http://www.mij-s.jp/ellistontokyo.html

0892 歌舞伎町のクラブ『El-Liston(エルリストン)』からは、これまでに流華クンと大河クンが登場してくれましたが、今回は彼らよりも偉いお方、刃山修サン(33)自らこのラマンにわざわざ足を運んで下さいました。しかも、撮影前にパンツを脱ぐ気分について訊けば、「抵抗なんてぜんぜんありません。女性カメラマン? いっぱい見て下さい。水のプールに入る? ガンバリマス!」と、脱ぎっぷりは後輩以上に鮮やかでしたよ。
 そもそも、12年前に現オーナーとエルリストンを立ち上げ、店の中核を担ってきた修サン。
「当時は歌舞伎町のホストクラブも20数軒でしたからね、今はその7倍とか8倍ですよ。僕がホストになった理由は、基本的に女の人が好きでお金が好き、というイヤラシイ体で入ってきましたけど、今はオーナーの夢についていきたいと思っています。まずは店をでかくして、夢は、歌舞伎町で一番有名な店にすることです」
 そういう修サンのセールスポイントは? 「(女性の心を)癒します」と一言。
「女性と喧嘩するのは嫌いですから、とにかく話を聞いてあげて、なだめて。女性の悩みは聞いてあげると8割は解決するんです」。さすがベテランの弁には説得力がありますね。
 タイプの女性は、「嘘をつかない、古風な方」。外見はこだわらないそうです。お客さんとお付き合いすることもあるのでしょうか?
「無きにしも非ずです。可能性はもちろんありますよ、基本的に男と女なので」
 ホストをやっていると女性への関心が薄れるとも聞きますが?
「まったく薄れませんね。女の人、大好きです。エッチのほう? 最近は〝めんどくさい〟のMかもしれませんけど(笑)。いやいや~もう長いのでね、25歳くらいまででしょう、Sだったのは…」
 噂に違わず、かなりの好き者(失礼!)かもしれませんが、週3回、太らないようにジムで鍛えているという修サンの美しいボディラインは、ホストとしての意識の高さを感じさせてくれます。また、撮影ではプールの水には入らずに済みましたが、屋外の風がそのまま入るプールサイドの寒さも相当なものです。文句ひとつ言わずに最後までやり遂げるガッツは、若い者には負けていません!
 そのあたりのことは、撮影後、このように語ってくれました。
「じっさい撮影をしてみて、すっきりしますね。寒さで目が覚めました。プールサイドは、寒かったっす(笑)。パンツを脱ぐときは何も考えていません。プールサイドで裸でガンを持ったとき、あれはみなさんの視線を感じて気持ち良いものですね。ピストルが2丁あるけど、どうだ!と。1丁ちっちゃいけどね(笑)、負けました、寒さでどうしようもないです」

089a 089b
089c

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング