KATSUO(25)

投稿日: 2008年01月14日 00:00 JST

0911すし職人を目指して休息中。82年12月12日生まれ、北海道出身。身長172㎝、体重65㎏。趣味はゴルフ。特技は野球。

「脱ぐとは聞いていたけど、本当に脱ぐんですね」と驚きながらも、野球で鍛え上げた肉体を見せつけてくれたのはKATSUOクン(25)。撮影場所となったガレージで、ローソクの灯りに照らされた彼の体を見たときは、彫刻のような美しさに思わずうっとり…(笑)。スタッフの中には、映画『ターミネーター』のよう、と歓声を上げる者や、裸男90人めにして〝もっとも素晴らしい裸体〟と絶賛されるほどでありました。
0912  私的には、彼が白いパンツを下ろし、キュッと盛り上がったお尻がいちばん美しく見えるバックショットがオススメですが、いかがです? 野球でポジションがピッチャーだったというのも納得でしょう。週に2度、スポーツジムに行っているだけと本人は謙遜しますけれど、25歳でこれほどの筋肉を維持しているのなら、立派なものです。
 そんなKATSUOクンが、あまりある肉体をどう生かしているか、というのがいちばんの関心事なのでありますが、現在は次のステップを踏み出すまでのお休み期間。近々、地元北海道のすし屋で修業を始める予定だそうで、じつは今日も、この撮影のために北海道からわざわざ駆けつけてくれたというわけなのです。
「昔から自分の店を出したいと思っていたところ、見習いで来ないかと声をかけていただいて、もともと飲食店に関心もあったし、すしは世界で認められている日本食の代表ですから良いか、と(笑)。思い切って、すし職人を目指すことにしました」
 そんな彼の夢は、まず3年で客の前に立てる腕になっていること。そして、「10年後に自分の店を持つこと」と語ります。ルックスも言うことないですからね、数年後、すし王子とか、和の貴公子(そのころは死語よね)なんて愛称を付けられ、巷の人気者になっているとも限りません。ぜひとも、その肉体同様、長年、スポーツで鍛錬された強い精神力をもって、辛い修業をやり遂げてほしいです。
0913 ところで、今週から2週にわたって見事な写真を披露してくださるカメラマンは中林香さん。チョイスしたラマンアイテムはローソクです。初めに書きましたように、KATSUOクンの撮影にも、美しい灯りの演出が生きた作品となりました。
 最後に彼の撮影の感想をご紹介しましょう。
「屋上とガレージ、めちゃめちゃ寒かったです。ほぼ外の気温ですからね、それで全裸なんて、北海道出身だから耐えられたと思いますよ。ローソクだけじゃあ、ぜんぜん暖まらなかったです(笑)。でも、あの灯りの中でどんなふうに写っているのか、仕上がりが楽しみですね」

091a_2091b091c

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング