映画『グーグーだってねこである』武蔵野市友好市民証贈呈式

投稿日: 2009年05月22日 00:00 JST


 東京・武蔵野市が舞台の映画『グーグーだってねこである』の出演者に対する同市の友好市民証が贈呈されることになり8月27日、同市役所で行われた授与式に主演の小泉今日子(42)、上野樹里(22)、加瀬亮(33)、森三中らが出席した。上野は、撮影が終盤に差し掛かった頃に、森三中・村上知子(28)から「もう会うこともないね」とさらっと言われ、1時間も泣き続けたエピソードを披露。上野はこの日も「今でも泣きそうです」と言うや、本当に泣き始め周囲を笑わせた。小泉は「撮影で2カ月近く通って、人気の街という魅力が分かりました。街のエネルギーは確実に作品に反映されていると思います」とアピールした。
<br />
(撮影・鈴木高宇)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング