映画『R-246 STORY』初日舞台挨拶

投稿日: 2009年05月22日 00:00 JST


 国道246号線をテーマにしたオムニバス映画『R246 STORY』の初日舞台挨拶が8月23日、東京・渋谷のQ-AXシネマにて行われ、監督を務めた浅野忠信(34)、中村獅童(35)、須藤元気(30)、m-floのVERBAL(33)、RIP SLYMEのILAMARI(33)、ユースケ・サンタマリア(37)が登場した。須藤が「初監督作を見てもらうことは自分のお尻の穴を見られているようで恥ずかしい。僕のお尻の穴はどうだったでしょうか?」と客席に問いかけて笑わせると、 “お弁当”をテーマにしたというユースケは「胃下垂なので食べるシーンは助かった。けど、僕が監督なのでこれ以上食えないと思ったらOKを出しました。」と告白するなど会場は終始笑いに包まれていた。
<br />
(撮影・鈴木鍵一)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング