映画『ブタがいた教室』東京国際映画祭

投稿日: 2009年05月22日 00:00 JST


第21回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された『ブタがいた教室』が10月25日、都内で初上映され、主演の妻夫木聡(27)らが舞台挨拶を行った。クラスでブタを飼育し、食べることで命の学習をしようと取り組んだ新米教師役の妻夫木は「主役は子どもたち。うそのない彼らの表情を見てほしい」とPRした。また質疑応答コーナーでは、後輩俳優・松山ケンイチ(23)が観客になりすまし「教室と職員室では演技が違いますが?」と鋭く質問。所属事務所の先輩でもある妻夫木は「まさか後輩にダメ出しされるとは」と苦笑いしていたが「子供たちに教師としてどう伝えるかを考えた」と答え、松山を納得させていた。<br />
(撮影・横山孝行)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング